島村楽器 イオンモール札幌平岡店 シマブロ

島村楽器 イオンモール札幌平岡店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

ドラマーの密かな楽しみ~その② スティック編

北海道は最近、朝晩の冷え込みが厳しくなってまいりました。

もう峠では雪がちらついている、なんて話題も耳にします。

イオンモール札幌平岡店ドラム担当の石橋です。

お待たせしました!ドラマーの密かな楽しみシリーズ、第2回目になります。

5Aもろもろ

今回のお題はスティックについてです。

ドラマーにとって無くてはならない物、といえば・・・

そうです、気合です。

いいえ、スティック無しにははじまりません。

「今、どんなスティックをお使いですか?」

接客時に私もよく質問をさせていただくのですが、使用中(済)のスティックをみれば、その方がどんなドラミングをするのか、ひいてはどんな半生を送ってこられたかが見え隠れしてしまう程、ドラム人生においてスティック選びは始発駅でもあり、終着駅でもあると私は勝手に思っています。

それを踏まえて、ご紹介したいスティックは沢山あるのですが、世界中で愛用されている多くのメーカーが共通で採用している品番、「5A」を改めて取り上げてみます。

そもそも「5A」という品番はカッチリ正確に決まったサイズ、という訳ではありませんが、だいだいグリップの太さ(直径)が14.5mm前後、長さが406mm(16インチ)前後のスティックの品番に「5A」と付けられる事が多く、一般的に標準サイズと言われる中でも、若干細身でコントロールし易く、かつパワーも出せる定番として多くのメーカー(VIC FIRTH、PROMARK、Zildjian、VATER、REGALTIP、WINCENT、LUDWIG、LOS CABOS等)から発売されています。

今回はそんな数多い5Aの中から「ピンク5A」2種をクローズアップし、「ピンクの5A頂上決戦」を開催いたします!(内容は個人的見解であり、商品の優劣を決めるものではございません・・・)

ピンクスティック頂上決戦

それでは、まずはVIC FIRTH「VIC5AP」の登場です!

VICFIRTH VIC5AP

「ピンク推しのマストアイテム」

こちらのスティックは約1年半程前に限定で発売されたモデルですが、世間の反応も良くいつの間にかレギュラー品番としてカタログにも掲載されるようになりました。実際に使用してみますと、塗装が若干厚めにされており見た目よりも重量感がある為、素材はヒッコリーなのですがあたかもオークのスティックを使用している感触があり、細身ですが音量は出しやすいと感じました。塗装の影響で手が乾燥している時はしっくり馴染みますが、演奏中汗ばんでくるとすべりやすくなる可能性が若干ありますので、ご心配な方はグリップ対策を施すと良いかもしれません。それにしてもピンクに白ロゴのキュートなルックスは、ムラキャワ度MAXですね!(長崎店ムラカワさん、拝借させていただきました!)

そして、対するは最近世間でも話題となっていますカナダのスティックメーカー、LOS CABOSの「LCD5APINK」の登場です!

LOS CABOS LCD5APINK

「ワタシ、剥いでもすごいんです」

こちらはヒッコリーでもホワイトヒッコリーという厳選したアメリカ南部産ヒッコリーを使用しており、耐久性が優れている事は勿論ですが、木目が非常に美しいと評判です。そこにピンクの塗装を施すというなんとも贅沢な一本です。持ってみた感触はVICFIRTHに比べて塗装が若干薄めで、木地の自然なデコボコ感が逆にグリップ度を上げているように感じました。重量感はあまり無く、ノーマルの5Aに近い振り心地です。

ちなみにこのスティックの売上の一部は、カナダ国内での乳がん研究および関連チャリティーの支援に寄付されるそうです。

ピンクの5A頂上決戦

軍配は・・・

是非、お客様がその手で確かめてみて下さい!

ご来店お待ちしております!!

おたのしみコーナー

スティックパズル

スティックを3本動かして魚を逆向きにしてください。

スティックがいっぱいあるとこんな楽しみもできますね!

ダースでの受注もお待ちしております。

正解は店頭で!

最後にピンクスティックを使用した動画をアップいたします。

惜しくも生産終了になりました当社オリジナルの電子ドラム「JOY DRUM」(まだ若干の在庫あります、気になられた方は是非店頭に観にいらして下さい!)を演奏していますが、あらためて観ますと、どちらかといえばピンクスティックメインに思えてきます。

ここまでピンク持ち上げておきながら、私はそんなにピンクにこだわりはありません。

おしまい

それでは最後までご覧頂きましてありがとうございます。また読んでください!!

ドラマーの密かな楽しみ~その① ビーター編

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.