島村楽器 イオンモール札幌平岡店 シマブロ

島村楽器 イオンモール札幌平岡店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

ザ・スネアコレクション at 札幌平岡 開催中ブログ(仮)<Vol.2>

みなさん、こんにちは。電子ピアノ担当者の赤田です。

今回、スネアについてブログを書かせていただくことになりました。

ドラムの事は、「叩けたらカッコイイ楽器」ということしか知らない私には

「このサウンドが~」とか「音抜けが~」とか上手く説明出来るはずもなく、どういう記事を書いたらいいのだろうと考え続けて5日間・・・・・・・・

見た目で選べばいいじゃん!!

と思い、目に止まったのがこちらのスネア。

画像

画像

TRUST/CUSTOM2-MP1465CV(14×6.5)でこざいます!!

メーカー希望小売価格 オープン 販売価格¥123,000

このスネア、とても美しいと思いませんか??

このダイヤモンドを散りばめたようなキラキラ輝くデザイン!!

いろんなスネアがありますが、私はこのスネアに目が釘付けになりました。

あまりに美しいのでいろんな角度から撮ってみました。

アップ

画像

上から

画像

斜めから

画像

本当にどこから見ても抜群のスタイル。

この良さ、伝わっていますか??

・・・・・・

・・・・・

・・・・

はい。私の分かりにくい説明だけでは、魅力が伝わらないので、ちゃんと正しい特徴と、私の見解を書きます。私の見解が間違えている可能性がありますので、ご注意下さい。

特徴

ベアリングエッジの頂点を極力外側に移動させることによって、チューニングしやすく、音が安定する工夫がされています。

(多分、あのヘッドってやつを付けた時に合わさる部分が、ベアリングエッジを外側に付けることによって、いい具合にくっつくんだと思います!だから安定するんだと思います!)

■ドラムヘッドのテンションを必要以上に上げなくてもヘッドがエッジに対してフィットし、良いサウンドが得られます。

(テンションが低いと元気がなくなってしまうので、テンションアゲポヨで元気な音にしたくなることがあると思いますが、そんなことしなくても、フィットして相性抜群なので音が良くなるんだと思います)

■スナッピー材質よりもスネアべッドの形状の方がスネアサウンドに及ぼす影響が大きいと考え、幅と深さを設定。

(理解不能)

■CNCにて精密に削り出されたブラス製ラグの耐久性は業界でも定評があります。

(CNC・・・??center nice cut・・・?とにかくナイスにカットされていて業界で評判です!)

■フィニッシュにおいて業界初となる、カバリング材のつなぎ目が美しい「合掌粘り(Butt Seemed Wrap Finish)を採用。

(合掌・・・チーン)

Truth Custom Drumsについて

「Truth Custom Drums」は「ハイクオリティのカスタムドラム」を一人一人のプレーヤーの要望通りに仕上げ届ける」という目標を掲げ、2001年にカリフォルニア州でスタートしました。サウンドからルックスまで、一人一人のドラマーの要望どおりに仕上げるTruthのコンセプトは、その後アメリカで徐々に人気が広がります。

2006年には同じく西海岸、オレゴン州に転移しました。その確かな技術に基づけされたドラム作りと個性的なフィニッシュは、多くのツアーアーティストやプレイヤーの支持を集めてきました。

オーダーでのデザインも多く出しています。


アメリカって感じです!!

画像


あっっ!初号機、発見!!

画像

Truth Custom Drums webサイト

2012年、遂に日本に向けて「Trust」ブランドを立ち上げました。数多くのプレーヤーを魅了してきたアメリカンサウンドと他ではルイを見ない個性的なルックスが遂に日本でも手に入るようになりました。




うーん・・・。特徴を黙々と書いてみても理解不能な事が多いものですね・・・。

カタログやホームページでは全く、よくわかりませんね・・・。

というわけで・・・

試奏しちゃえばいいじゃん!!!!!

12月6日~16日までの11日間

「ザ・スネアコレクションat札幌平岡」

お気に入りの、スネアに出会えるチャンスです!!

これからドラムを始める方、私のようにまだドラムの事が分からない方、見た目で選ぶのもいいと思います。楽器は愛着が湧いた方が、楽しく練習できると思います。是非この機会に自分のお気に入りのスネアを見つけて下さい。

ご来店、お待ちしております。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.