読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール札幌平岡店 シマブロ

島村楽器 イオンモール札幌平岡店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【ズバッと解決】ドラムお悩み相談室 Vol.1

お知らせ・その他

悩めるドラマーさん、いらっしゃいませ!

シマブロをご覧の皆様、こんにちは。ドラム担当のイシバシです。

このブログは、実際にドラマーのお客様からご相談頂き、「ズバッと」解決した内容をシマブロ上でも公開する事で、同じ悩みを共有されている方々のお役に立てれば!という趣旨でスタートした企画です。

当店のシマブロ上でも、不定期連載のドラム関連記事が乱立しておりますが、この企画が無事2回目を迎えられます様、どうか皆様、ご意見・ご要望などお気軽にお申し付け下さい、よろしくお願い致します。

それでは、第1回目のお悩みはコチラです!

DTX480KSCのスネアドラムのパッドが演奏中に垂れ下がってしまう件

DTX480KSC

好評発売中のYAMAHA電子ドラム、DTX480KSC(当社限定モデル)です。

DTX480KSC スネア・ハイハット部分

スネアドラムとハイハットとして使用するパッドは1つのクランプを共有して取り付けています。

通常の演奏時は問題ないのですが、手で無理にグイグイ下に押したり、ヘッドに強くスティックを押し付ける奏法などをした時には・・・

DTX480KSC 店頭あるある

このようにかなり下に垂れ下がってしまいます。これを繰り返すとホルダーの固定する力も不十分になってしまう恐れがございます。

そこでこのようにしました!

イシバシ「ズバッと解決っ!!」

DTX480KSC改

おわかり頂けますしょうか?

私のセリフは要らないんじゃないかというお話はさておき、スネアとハイハットのパッドにご注目下さい!

DTX480KSC 改

横から見た画像です。従来のバーの下側にさらにもう1本バーを演奏者側に向けるように追加し、さらにはスネア用パッドをボールクランプタイプのホルダーにセットする事で安定性の向上だけでなく、スネアドラム自体のセッティングの自由度も大幅に広がりました。

DTX480KSC 改

上から見た画像です。従来のセッティングではハイハットとスネアドラムの距離(高さや横幅の間隔)を調節することが殆ど出来ませんでしたが、これによりツインペダルなどをお使いの場合でも適切なセッティングが可能となりました!

この快適さを手に入れる為には・・・・

合計16個のパーツを組み合わせたものになりますので、詳しくは担当者までお気軽にご相談下さい。

最後までご覧頂きましてありがとうございました!

※画像のDTX480KSCに使用しておりますシンバルワッシャーは純正品ではございません。
CYMPADのChromaticsを使用して飾ってみました!
詳細はコチラの記事をご覧ください↓↓

【低予算で電子ドラムをカスタマイズ!?】オススメアクセサリーのご紹介

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.