読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール札幌平岡店 シマブロ

島村楽器 イオンモール札幌平岡店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

第11回平岡サウンドメイク研究会開催レポート

レポート

注目のエフェクターブランドOneControlを徹底検証

f:id:shima_c_sapporo-h:20160524122207j:plain
皆さん今日は、札幌平岡店エフェクター担当の田中です。今回はしばらく、お休みさせて頂いておりました平岡サウンドメイク研究会が1年ぶりに復活! 5月13日に開催致しましたサウンドメイク研究会の開催レポートをお伝え致します。 1年ぶりの研究会のテーマは「OneControl徹底検証の巻」でございます。今回試奏した機種はOneControlのギターエフェクト11機種。さて、どの様なサウンドなのでしょうか? 試奏機種と使用機材は以下のとおりです。
試奏エフェクター
Strowberry Red OD・Persian Green Screamer・Anodized Brown Distortion・Baltic Blue Fuzz・Little Copper Chorus・Tiger Lily Tremolo・Sea Turquoise Delay・Prussion Blue Reverb・Granith Grey Booster・Little Green Emphase・Purple Humper  
使用機材 
ギター  K.Nyui Custom Guiters KNST・Gibson LP Traditional2016
アンプ  Marshall JCM2000 DSL100H キャビネット1960A MUSICMAN 212HD130 COMBO・Roland Blues Cube Artist

f:id:shima_c_sapporo-h:20160524122238j:plain
コンパクトなサイズと高い品質で評判のOneControlの各機種を仕様の異なるギターやアンプの組み合わせで検証して行きます。

f:id:shima_c_sapporo-h:20160524122257j:plain
パラメーターを調整しながらそれぞれの特性や、おいしいポイントを探して行きます。

f:id:shima_c_sapporo-h:20160524122313j:plain
サウンドメイク研究会でよく見る光景、演奏者とパラメーターを設定する人と自然と役割分担がなされていきます。

f:id:shima_c_sapporo-h:20160524122328j:plain
皆さん真剣な表情ですね。

f:id:shima_c_sapporo-h:20160524122342j:plain
参加者の皆さんは、各々ギター手にとって試奏したり、アンプから少し離れたポジションで音抜けを確認したり、ご自分で持ち込んだギターで試奏したりと、個々のアプローチで検証作業をして行きます。

f:id:shima_c_sapporo-h:20160524122355j:plain
最後に参加者の皆さんで記念撮影「はいチーズ!」指を差しているのは、それぞれのお気に入りの機種です!

今回試奏したOneControl11機種はどれも質の高いモデルでしたが、中でも皆さんの評価が高かった3機種をご紹介致します。

Little Copper Chorus
f:id:shima_c_sapporo-h:20160524131035j:plain
透明感があり艶やかなサウンドと音の太さが印象的なコーラス・ペダル! ヴィンテージ・サウンドと言うよりは近代的で整ったサウンドといった感じ。そんな中にも温かみがあって、決して機械的なサウンドでは無くバランスの取れた質の高いコーラスでした。 
筐体がアルミ削りだしのゴールド色に白い文字がプリントされている為、照明が当たると反射してツマミに書いている文字が判別し難いのがちょっと残念ですが、そんなのもご愛嬌!慣れれば問題は無いですね(笑)

Baltic Blue Fuzz
f:id:shima_c_sapporo-h:20160524131100j:plain
Fuzzと言うエフェクターは、粗い歪が故に使用するポイントが限定的だったり、飛び道具的な解釈で使用する方も多いエフェクトですが、Baltic Blue FuzzはヴィンテージのBig Muffベースに、よりコントロールしやすく抜けの良いサウンドを目指したFuzzペダルです。 コンセプトのとおり、すっきりしていて音が埋もれないので、オーヴァードライブやディストーションの様な感覚でバッキング・パートにも十分使えるのが良いですね。 設定次第で荒々しいFuzzサウンドも出せるので、非常に使い勝手の良いFuzzだと思います。


Little Green Emphase
f:id:shima_c_sapporo-h:20160524131118j:plain
カテゴリーとしてブースターに位置付けられるLittle Green Emphaseですが、単なるGAIN Boosterではなく「音抜け」が向上しサウンドより立体的になるのが特徴で、接続位置もGAIN Boosterの様に歪系エフェクトの前ではなく、後ろに繋ぐ方がより効果を発揮しました。 レンジが広くダウンチューニングや多ギター、なんとベースにも対応します! 今回試奏した時は、特にクリーン・サウンドでカッティングした時のサウンドが際立って良かったですね。

総評
今回ご紹介した3機種以外のOneControl全機種に共通していたのは、ノイズが少なく音が太くて埋もれないという点でした! 品質・価格・サイズ等、支持を集めているのもうなずけます。 OneControlは今後も新ラインナップが、続々と発売されますのでお楽しみに!

参加者募集中です!ご自分のギター持込可 参加費はかかりません! 参加定員になり次第、募集は締め切らせていただきます。
ご興味のある方は平岡サウンドメイク研究会 担当:田中まで!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.