島村楽器 イオンモール札幌平岡店 シマブロ

島村楽器 イオンモール札幌平岡店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【お悩み解決】フルートブログ♪

フルート愛好家の皆さま、こんにちは!
島村楽器イオンモール札幌平岡店フルートインストラクターの白川亜矢子です!

私は普段、大人の方のフルートレッスンを担当しています。フルートに関してのお悩み解決にお役立ち出来たら、と思い、ブログにもレッスンでの1コマを綴っていきたいと思います!(個人的な意見を含みます。)

今日は、フルートを始めて約3ヶ月の女性のレッスンでの1コマ。
基礎からしっかり習いたいとのことでしたので、日本フルートクラブのアルテ1巻を使用しています。アルテは、私も初めて手にした教本です。最初に出す音が中音のソで、その後ソ、ファ、ミ、レと下がったり、ソ、ラ、シ、ドと上がっていきます。
ソやラの音あたりから低い音が出てしまう…音が上がりきらない!
このお悩み、多くの方が頷いていらっしゃるのが想像されます。
フルートって気分屋さんなもので、その日によって音が変わったりしますよね。

今日のレッスンで解決の糸口になったのは、姿勢でした!
フルートを構えたとき、吹き口と歌口がまっすぐになることが大事です。
f:id:shima_c_sapporo-h:20161029200416j:plain
斜めになってしまうと、いくら強く吹き込んでもしっかりとエッジに息が当たらないので、音が安定しません。(フルート名手だったランパルのように、フルートが下がっていても吹きこなしてしまう方もいますが!)
f:id:shima_c_sapporo-h:20161029200221j:plain

まっすぐに構えるためには、右腕が下がりすぎていたり、頭が左右に傾いていたりしないことです。

鏡を見ながら気をつけてみたり、もし楽器が滑る感じがある方は、リッププレートパッチ(滑り止め)をリッププレートに貼ってみたり、サムポートをつけてみるのもオススメです。
f:id:shima_c_sapporo-h:20161029195300j:plain
f:id:shima_c_sapporo-h:20161029195307j:plain

楽器の支え方が安定すると、音の出し方も安定していきます。
初めてフルートに触れる方は、毎日組み立てて構えてみるだけでも良いので、フルートに慣れるところから始めてみましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!それではまた♪
フルートインストラクター白川

フルートインストラクター紹介ページはこちらです♪
http://www.shimamura.co.jp/sapporo-h/index.php?catid=1106


お問い合わせ

商品・音楽教室へのお問合せや体験レッスンのお申込など、お気軽にご相談下さい。

店舗名 島村楽器イオンモール札幌平岡店
電話番号 011-889-5120
担当 白川
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.