島村楽器 イオンモール札幌平岡店 シマブロ

島村楽器 イオンモール札幌平岡店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

第13回平岡サウンドメイク研究会開催レポート

個性派揃いのエフェクターブランドJHS PEDALS徹底検証の巻!

f:id:shima_c_sapporo-h:20170805133108j:plain
皆様こんにちは!平岡サウンドメイク研究会:担当の札幌平岡店 田中です。しばらくお休みしていました平岡サウンドメイク研究会が1年ぶりに復活!今回はアメリカ・カンザスシティのハンドメイド・エフェクターJHS PEDALSを検証していきます。JHS PEDALSは2007年創設の会社ながら、独創的なモデルとハンドメイドに拘った高品質な製品で着実に支持を高めている新進気鋭のブランドです。 今回はその中から厳選した14機種を試奏致しました。 
試奏に使用した機材は以下のとおりです、それではレポートをご覧ください。

使用機材
Guiter
K.Nyui Custom Guiters KNST (ストラト)
Gibson LP Traditional T2017 (レスポール

AMP
ROLAND JC-120

試奏モデル
Moonshine Overdrive・Angry Charlie V3・The AT・Morning Glory V4・SweetTea V3・The Kilt・Crayon・Colour BOX・Pulp'N Peel V4・Emperor・The Milkman・Littele Black Buffer・BOSS DS-1 Synth Drive Deluxe(MODモデル)・Ibanez TS9 Strong Mod+True Bypus(MODモデル)  計14機種
f:id:shima_c_sapporo-h:20170805122058j:plain


f:id:shima_c_sapporo-h:20170805122327j:plain
まず最初に音を出したのはPulp'N Peel V4 JHSのコンプレッサーです。 特徴を掴むためBOSSのコンプレッサー等、代表的な機種と対比してPulp'N Peel V4の特徴を探っていきます!


f:id:shima_c_sapporo-h:20170805122407j:plain
コントロールのツマミを調整する人やギターを弾く人等、自然と役割分担が決まっていきます。参加者が代わる代わる試奏をしながらサウンドメイク研究会は進行していきます!

f:id:shima_c_sapporo-h:20170805122425j:plain
とにかく笑顔が絶えないサウンドメイク研究会!

f:id:shima_c_sapporo-h:20170805122439j:plain
勿論、ご自分のギターを持ち込んで試奏する事もできます。 今回はFさん持参したノーブランドのフライングVが参加メンバーの注目の的に! 普段は決して変形ギターを使わないHさんもフライングVを試奏! やはりフライングVは華がありますね!

f:id:shima_c_sapporo-h:20170805122455j:plain
f:id:shima_c_sapporo-h:20170805122517j:plain
皇帝ペンギンのロゴがかわいいJHS PEDALS Emperor。本物のBBD素子3207チップセットを採用した、アナログChorus/Vibratoペダルです。今回試奏に使用したアンプROLAND JC-120に搭載されているChorus/Vibratoと比べてみましたが、JHS PEDALS EmperorはJC-120と比べ、より艶やかな印象でした! 当然ノイズや音痩せも少く高品質なChorus/Vibratoペダルです!

f:id:shima_c_sapporo-h:20170805122530j:plain
一通り試奏を終えると自然と座談会に突入! ここでもマニアトークが爆発! マルチエフェクターが無い頃、コンパクトをバラしてオリジナルのシステムを構築した話や(マネしないでください・・・笑) ホスピタルグレード(医療現場で使用する電子部品)のケーブルについて等、コアな話に花が咲きます!


ここでサウンドメイク研究会恒例、試奏モデルの中から良かった機種を選ぶ人気投票!
今回の研究会メンバーの指示が高かった機種は、Morning Glory V4でした! 

f:id:shima_c_sapporo-h:20170805122928j:plain
JHS PEDALS Morning Glory V4 

音抜けの良さやGAINを上げても音が潰れない点、GAINスイッチで2つのGAIN MODEの切り替えが可能な事や、シングルコイルとハムバッキングともに相性が良く、ギターを変えるとそのギターのキャラクターがしっかりと反映される等の意見が上がりました。 GAINはそれほど高くないので、HR/HMというより、ストレートなROCKやPOPS・BLUESなんかに適していると思います。
別売のフットスイッチRed Remoteを使用すればフットコントロールでGAIN MODEの切り替えが可能です。
f:id:shima_c_sapporo-h:20170805164903j:plain
JHS PEDALS Red Remote

JHS PEDALS Morning Glory V4サウンドが気になる方は動画をチェックしてみて下さい。

最後に参加者全員で記念撮影「はいチーズ!
f:id:shima_c_sapporo-h:20170805122546j:plain


JHS PEDALSを試奏してみて:
独創的なアプローチのモデルが多いJHS PEDALSですが、全てのモデルに共通するのが最近のペダルに多い近代的でハイファイなサウンドではなく、どこか懐かしく温かみのあるサウンドが印象的でした。60s~80sのROCK全盛時のサウンドを追求しながら、音痩せやノイズといったエフェクターの問題点はしっかりと解決されてる、クラシック・サウンドと現代の技術がしっかり融合されたペダルだと思います。昨今コンパクト・エフェクターは、ガレージブランドの乱立で様々なモデルが世に溢れています。 その中でJHS PEDALという個性的なブランドはマニア心をくすぐり思わずニヤリとさせられてしまう、そんなエフェクターでした。 

JHS PEDALSフェア開催 8/20(日)まで

今回サウンドメイク研究会で試奏しましたJHS PEDALS 14機種を8/20(日)まで札幌平岡店にて展示しております。ご興味のある方、是非札幌平岡店に試奏しにいらして下さい、皆様のご来店お待ちしております。JHS PEDALSのご相談はエフェクター担当:田中まで!(1部展示モデルが変更される場合がございます。)

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.